むちうち慰謝料の相場は専門家に相談するべき

日ごろの日常で経験がないことに関して、我々はあまり知識を持っていません。例えば、路上で事故に巻き込まれてむちうち等になってしまった場合、加害者とどのように対応したらよいか我々にはなかなかわからないことです。この場合、加害者に対して慰謝料を請求することになるでしょう。

ですが、その相場がわかりません。そこで、専門家を交えての話し合いをお勧めします。むちうち慰謝料でしたら、弁護士などがよいのではないでしょうか。加害者に対して感情的に対応しても良い結果は出ないでしょう。ここは専門家に任せることが無難な解決策です。

むちうち慰謝料の相場を知るメリット

交通事故に遭遇して被害を受けてしまった際、加害者に対して慰謝料の請求が行えます。事故被害による怪我の治療費や入院費、さらに休業した場合の補償などが項目として含まれており、むちうち慰謝料も対象となります。

提示される条件金額の相場を知りたい時や、スムーズな対応を求めたい時などにおいては、弁護士へ相談されるケースも多く見受けられます。無料での相談が受け付けられている機関が多く存在する中、費用が気になる方にとっても気兼ねなく利用できるシステムが用意されています。法律に基づいた知識や情報によって、損することなく慰謝料が受け取れます。

むちうち慰謝料にも相場があります

むちうち慰謝料の計算方法は3つあります。弁護士基準、自賠責基準、任意保険基準の3つです。この計算方法によって、相場がかなり変わっています。一番安いのが自賠責基準、最も高額な基準なのが弁護士基準です。弁護士は過去の裁判所の判例などを元に、計算していくので一番相場が高くなっています。

事故を起こした場合、最初に接触してくるのが保険会社なので、その基準で計算された、むちうち慰謝料では到底納得の出来る金額ではないことがほとんどです。そんなときは弁護士に相談を持ちかけて、慰謝料の金額を引き上げてもらいましょう。

むちうち慰謝料の相場を求める計算式を知りたい

むちうち慰謝料の相場を知るための計算式をご紹介することができないのですが、それぞれの項目について、大体の計算式をお教えするのはできます。例えば、自賠責基準の計算の方法は治療期間もしくは通院日数×2で、少ない方に4200円をかけて求めます。

任意保険基準の場合には入院していたのか、入院がなかったのか、によって大きく異なってきて、入院(1か月)もしくは通院(30日)で換算されます。また裁判所基準のケースもあり、こちらは弁護士を正式に雇って慰謝料を請求する金額になり、自賠責、任意保険よりも高い金額になりますが、金額な正式な根拠が必要になります。

むちうち慰謝料の内訳と相場

むちうち慰謝料の相場と内訳の詳細を知っておきましょう。実際にむちうち慰謝料として請求できるものとしては①治療費②通院費③入院雑費④文書料⑤休業補償費が主なところです。相場についてはむちうちの症状によってかなり差が出てきますので、この金額!という数字を出すことがかなり難しいです。

また休業補償については被害者の給与によってもかなり差が出てしまいます。基本的には本来もらえているはずの日給×働けなかった日という計算になります。入院雑費については通院実数もしくは、治療期間に4200円かけて安い方の金額が適用されます。