むちうち慰謝料相場

日本だけではなく世界中で毎日のように起きている自動車事故。運転している方は、今までに一度はヒヤリとした経験があると思います。どんなに運転が上手な方でも少しの油断ときの緩みで事故は起きてしまいます。その事故で負った怪我は、とても辛いものがあります。

中でも、強い衝撃に耐え切れずになる【むちうち】は長く辛い、鈍痛に悩まされます。この怪我を負ったら、相手にむちうち慰謝料で損害賠償を請求することができます。病院にかかる費用ももちろん請求できます。この時に決まる金額には、相場があり、どのくらいの症状かによっても慰謝料は変動します。

むちうち慰謝料の相場への判断材料

交通事故に突然巻き込まれてしまったとき、加害者に慰謝料を請求することが可能になります。怪我に関する治療費、入院費などはもちろん、万が一休業した場合の補償など、複数の項目が含まれています。怪我の程度によって異なる慰謝料については、むちうち慰謝料としての制度も認められており、外傷についての事柄だけではありません。

慰謝料の内容は的確に判断されている必要があり、提示された金額内容などに意見があったり、相場に関する判断が行えない場合は、弁護士への相談によって解決させる方も多く、より適切な対応が求められます。

むちうち慰謝料の相場計算方法で異なります

交通事故でむちうちになって慰謝料を請求するときは、慰謝料の金額を計算する必要があります。それには3つの計算方法があります。1つ目は、自賠責基準、2つ目は弁護士基準、3つ目は任意保険基準です。

自賠責基準は自賠責保険の支払いの際に使われる基準で、任意保険基準は任意保険会社が、示談交渉などを行う場合に使用する基準で、弁護士基準は弁護士が示談交渉をしたり、裁判所で争う時に使用される基準です。3つの基準で一番安いのが自賠責基準で、最も高いのが弁護士基準となっています。保険会社が提示してきた、むちうち慰謝料に納得が行かない場合は、弁護士に相談をして相場を引き上げてもらうようにしてください。

むちうち慰謝料の基準ごとの相場額の開きについて

交通事故でむちうちに見舞われたら、慰謝料の相場が気になるところです。むちうち慰謝料には、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料で構成されています。前者は入通院による賠償にあたり、後者は完治することのない障害に対して支払われるものとなります。

特に、注意すべきところと言えば、慰謝料の基準によって計算方法が変わる点です。2か月間の通院の場合、自賠責基準では17万円程度の額に対して、任意保険基準ではそれの1.5倍、弁護士基準に至っては倍以上の慰謝料が支払われます。そのため、弁護士費用がかかろうとも、弁護士基準をもとに請求するのが得策と言えます。

むちうち慰謝料の相場はいくらか 通院期間によって幅広い

むちうちは頸椎捻挫のことで、むちのように首がしなっていためてしまうことからこのような名前で呼ぶのです。追突などのショック、つまり交通事故等で発生することが多く、やはりぶつけてしまった場合は被害者に対して医療費や慰謝料を支払うことになります。

気になるむちうち慰謝料の相場ですが、これは症状の大小によって相当変化するものであり、一概に言えません。ただ例を挙げると、完治するまでに1か月程度の通院があった場合は20万円程度となることが多く、通院期間が長くなることに比例して慰謝料の相場は上がっていく傾向となります。