交通事故弁護士による慰謝料の交渉

交通事故では被害者が怪我を負う人身事故になると、怪我の治療費だけでなく、怪我の治療のために通院や入院を強いられるという精神的な苦痛に対して慰謝料が損害賠償金として加害者に請求することが認められます。
示談では、まず加害者が加入する保険会社から示談金が提示されますが、法律に詳しくない被害者本人が交渉に参加してもその示談金が妥当であるかは判断しかねます。
このような場合は交通事故弁護士に示談交渉の代理人になってもらい、交通事故弁護士に怪我の被害に応じた慰謝料を割り出してもらって示談交渉することによって被害者が納得できる合意に至ることができます。

関連: