交通事故慰謝料には交通費も含まれる?

交通事故慰謝料には、交通費も含まれます。正確に言うと、慰謝料とは別に、交通費ももらえます。交通事故にあって賠償してもらえるのは、原則として被害にあわなければかからなかったであろう費用の全額です。治療費、入院費はもちろん、通院にかかった電車代、バス代なども請求できます。さらに、意外に知らない人が多いですが、精神的・肉体的な損害である慰謝料も請求できます。

しかし、被害者も信号無視をしていたなど、過失がある場合にはその割合によって減額されることがあります。知識に自信がない人は、弁護士に相談を受けてみるのが確実です。弁護士に相談をして損をするということは基本的にありません。

関連:

交通事故慰謝料や事例について

万が一交通事故にあった場合、相手側と示談交渉し、交通事故慰謝料を受け取ることができます。事例により金額は様々ですが、交渉がうまくいかない場合、かなり値切られる可能性もあります。交通事故は身近にあるものです。

自転車に接触する事故や、自動車との接触事故等により怪我を負ったり、死亡するケースも珍しくありません。もしそうなった場合に、冷静に示談交渉できるでしょうか。その時に慌てないように、あらかじめ示談交渉に向いている弁護士を探しておくのが良いと思われます。弁護士であれば、事例により相場がどれぐらいなのかわかっているため、値切られるケースも少ないでしょう。

事例による交通事故慰謝料の違い

交通事故の発生には様々な事例が存在しており、それぞれのパターンに応じて交通事故慰謝料の手続きが発生します。加害者との間では保険会社が介入しながら話し合いを行うものの、どうしても思うように解決されないケースは数多く存在しています。

より速やかな問題解決を目指すためにも、関連機関や法律専門家への相談が有効的な手段として取り入れられています。法律に沿った正しい判断や情報提供によって、条件提示された慰謝料の内容や金額に迷うことなく、判断が下せたり意見が主張できたりすることもあるため、心強い味方にもなることでしょう。

むちうちでの交通事故慰謝料を考える

交通事故にあってしまった場合において、車や身体への被害が少なからずあることがあげられます。交通事故でおおい症状とされているのがむちうちですが、症状が表立ってでないため、人からわかりにくいことがあげられます。

むちうちに対しても、交通事故慰謝料が支払われます。交通事故慰謝料には弁護士基準と任意保険基準、自賠責基準というそれぞれの基準がありますので、どの基準にするのか加害者側と交渉をおこなっていく流れになります。また、症状があまりにもひどい場合においては、後遺症の認定が受けられる仕組みになっています。

事例が多くないと交通事故慰謝料の相場は出来ない

相場として作られているものは、これまでの事例によって生み出されて、交通事故慰謝料として実際に払われている金額が参考にされています。かなり多い場合もありますので、金額が多いように感じているなら、それは事例としては大きなことと考えてください。

逆にあまり多くなかったために、相場が高いように見えて、実は安い慰謝料でも対応できるケースもあります。これまでのケースにそって作られている交通事故慰謝料は、あまり対象となるケースが多くなかったので、明確な数字を出せないものもあります。こうしたものは弁護士に相談してください。