交通事故慰謝料の自動計算

交通事故慰謝料の算定は複雑です。そのため、最近では自動計算するソフトを用いて、大まかな計算ができるようにしている場合もあります。損害賠償は、実際に受けた財産的な損害を、金銭で補償するのが目的であり、そちらの逸失利益の算定も、同様に自動計算できるようなそぐとがあります。

しかし、いずれにせよ、被害者が相手に対して損害賠償請求するためには、証拠によって損害が生じたことを立証していかなくてはなりません。そのため、いくら計算ができたからと言って、請求するためのテクニックは必要になります。そのため、弁護士に相談することにはメリットがあります。

関連:

交通事故慰謝料で忘れてはいけないむちうち治療

車同士の衝突事故で被害に遭った場合、よく起こりがちなむちうちは突然の衝撃に首が前後左右振られることで生じます。大きな傷や出血をともなうことがないため、見た目だけではその症状の度合いがわかりにくいものです。頭に傷を負えばその治療に専念してしまうため、むちうちの症状に気づくのが遅れることがあるといいます。

事故から長く経過してしまえば、因果関係がとえず、交通事故慰謝料に組み込むことができなくなるため、少しでも違和感を抱いたらすぐに診察してもらうことです。交通事故専門弁護士へ依頼することで、弁護士基準で慰謝料を引き上げることも可能になります。

交通事故慰謝料の事例を知りたい!

交通事故慰謝料の事例というのは数えきれないほどあり、それこそ交通事故を専門に取り扱っている弁護士さんなどは100件以上の事例を経験しています。サラリーマンのAさんは夜会社帰りに歩いていたところを車でひかれてしまいました。

骨を折ってしまい、そのため出社が1週間ほどできなかったのですが、保険会社から最初に提示されたのは通常の給与で計算した金額の半額でした。納得のいかなったAさんは自分で弁護士に依頼して、交渉してもらったところなんど最初に提示された金額の倍の金額が保険会社から提示されました。弁護士に間に入ってもらうと自分で交渉するよりもはるかに多い金額の請求ができるということになります。

交通事故慰謝料はむちうちの評価によって異なります

交通事故慰謝料は3つの基準で計算されます。弁護士基準、任意保険基準、自賠責基準です。とくに評価額に差が表れるのが、むちうちの評価です。むちうちは現状を自分の言葉で、上手く説明することが出来る人はとても少ないですし、保険会社もあまり詳しくは、確認をしてこないのであまり重病と判断されにくいです。

弁護士はしっかりと話しを聞き、むち打ちの評価をしていくので、自賠責基準と弁護士基準では大きく差が生まれます。倍以上の金額の差が生まれることもありますので、交通事故慰謝料に納得がいかない場合は、弁護士に相談をしてください。

むちうち症状も請求できる交通事故慰謝料

交通事故慰謝料には、弁護士基準としての請求方法が存在しており、被害者の方にとって損することなく慰謝料を受け取るためのシステムとして活用されています。個人的に手続きや話し合いを進めることも不可能ではないものの、弁護士が介入することで通常よりも多額の慰謝料が支払われるケースも見受けられます。

また、慰謝料の内容についても慎重になりたい要素が多く、具体的にはむちうちの症状などが挙げられます。外傷としての判断が付きにくい症状に対しても、怪我の治療として対応すべき事柄であり、慰謝料請求の際に含まれる事柄です。