交通事故慰謝料の自動計算

交通事故慰謝料の算定は複雑です。そのため、最近では自動計算するソフトを用いて、大まかな計算ができるようにしている場合もあります。損害賠償は、実際に受けた財産的な損害を、金銭で補償するのが目的であり、そちらの逸失利益の算定も、同様に自動計算できるようなそぐとがあります。
しかし、いずれにせよ、被害者が相手に対して損害賠償請求するためには、証拠によって損害が生じたことを立証していかなくてはなりません。そのため、いくら計算ができたからと言って、請求するためのテクニックは必要になります。そのため、弁護士に相談することにはメリットがあります。

関連: