交通事故慰謝料は弁護士に慰謝料計算を依頼すると損しない

交通事故の被害者が加害者に損害賠償請求できる項目のひとつに、事故で被った精神面のダメージに対する賠償金である慰謝料があります。
慰謝料は精神面の苦痛に対して支払われるものなので、不公平感が少なくなるように定額化のための基準が設けられています。その基準は3つあり、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準とされています。
交通事故慰謝料の額を決める示談交渉では加害者サイドの保険会社は賠償金額を抑えるために安い基準で計算した額を提示するのが一般的で、すぐに応じてしまっては損をしてしまいます。そこで被害者は、早めに交通事故に強い法律事務所に相談して示談の代行を依頼するのが一番です。
交通事故に強い弁護士なら、被害者に損がないように正当な慰謝料の金額を計算して交渉を進めてもらえます。