交通事故慰謝料請求を依頼した時に必要な期間

交通事故慰謝料とは、現実におった損害に加えて、被害を受けたことに対して精神的に負った傷に対しての賠償金です。いずれもお金で本当の意味で埋め合わせることは不可能ですが、日本の民法上では金銭賠償の減速がとられていて、どのような損害であっても金銭で解決されます。

この交通事故慰謝料の請求を弁護士に依頼した場合、解決期間は相手の出方次第です。任意交渉の段階で相手が支払いを認めれば、一、二ヶ月で解決が可能です。逆に、徹底的に争われれば、2、3年かかることも想定しておかなくてはなりません。そのため、相手が支払い不能にならないうちに、合わせて仮処分の申し立てもしておくべきです。

関連:

交通事故の慰謝料に関する基準について

思わぬ交通事故の被害者となってしまった場合において、加害者への請求が可能とされている慰謝料の内容には、あらゆる項目が含まれます。事故の状況や、被害による怪我の程度などによって異なり、それぞれのケースによって慰謝料の計算方法も異なります。どのように対処すれば良いか分からない時などは、弁護士への相談が進められることもあります。

法律専門家による基準額が設けられることもあり、個人で請求手続きを行うよりも多い金額での受け取りが実現されることもあります。損しないように対処するため、慎重に問題解決を目指したいものです。

交通事故慰謝料はいろいろな基準があります

交通事故の慰謝料を計算するときは3つの基準があります。自賠責、任意保険、弁護士です。それぞれ異なる方法で計算していくので、合計金額に大きな差が生まれることがあります。3つの中で一番安い計算方法を採用しているのが自賠責です。そして一番高額になっているのが弁護士です。

倍以上の差が生まれることもありますので、交通事故に遭ってしまった場合で保険会社が提示してきた慰謝料の金額に納得がいかない場合は、弁護事務所に相談をして引き上げてもらうようにしてください。話し合いで解決できない場合は、裁判を起こすことも出来ます。

交通事故慰謝料の請求事例

いつどこで交通事故に巻き込まれるか予測は出来ないので、ここで大まかな事例を基に交通事故慰謝料の請求金額を紹介していきます。まず、車同士の接触事故で加害者側に100パーセントの落ち度があった場合は車の破損修理費用と事故で受けた怪我の治療費を全て請求することが可能です。

満足のいく金額を支払えない場合は示談には応じず、被害届を警察に提出ししかるべき対応を行いましょう。ご家族が交通事故に巻き込まれて不慮の死を遂げられた場合は、過去の事例では約1億円で示談をなさるケースが多くあります。慰謝料請求は個人では行なわず、必ず弁護士に依頼をするのがベストな判断です。

交通事故慰謝料は事例を参考に

突然のことで慌ててしまうのは当たり前なのですが、交通事故の後処理については、しっかり落ち着いて冷静に判断して行いたいものです。車の修理費用やケガの治療費、通院費、後遺症のことなど、いろいろな費用や精神的な苦痛などを鑑みて判断するのが交通事故慰謝料といえますが、これには多くの事例があります。

後々、トラブルになったり嫌な思いをしないように、その場の雰囲気で決めてしまうことのないようにしましょう。自分ではどう判断すれば良いか分からないときは、より良い解決策を見つけるために、弁護士に相談してみるのも良いでしょう。