交通事故慰謝料請求を依頼した時に必要な期間

交通事故慰謝料とは、現実におった損害に加えて、被害を受けたことに対して精神的に負った傷に対しての賠償金です。いずれもお金で本当の意味で埋め合わせることは不可能ですが、日本の民法上では金銭賠償の減速がとられていて、どのような損害であっても金銭で解決されます。
この交通事故慰謝料の請求を弁護士に依頼した場合、解決期間は相手の出方次第です。任意交渉の段階で相手が支払いを認めれば、一、二ヶ月で解決が可能です。逆に、徹底的に争われれば、2、3年かかることも想定しておかなくてはなりません。そのため、相手が支払い不能にならないうちに、合わせて仮処分の申し立てもしておくべきです。

関連: