交通事故慰謝料

交通事故慰謝料の問題に悩まされている消費者は、決して少なくないといわれていますが、少しでも健康上のリスクを回避したい時には、プロの弁護士に依頼をすることがオススメです。

特に、後遺障害慰謝料の算定の方法については、一般の消費者にとって理解をすることが難しいとされますが、経験豊かな法律事務所のスタッフに助言をもらうことが良いでしょう。弁護士の相談料金は、それぞれの法律事務所のシステムによって、大きな違いが見られることがあります。そこで、早いうちに相談先を検討することが重要なテーマとして捉えられています。

交通事故慰謝料が増額できた専業主婦の事例

専業主婦が交通事故に遭った場合の事例で、専門家の弁護士に相談することで慰謝料アップすることが期待できるものです。収入を得ていない主婦であっても、怪我により育児や家事ができなければ、サラリーマン同様に休業損害が生じます。

ですが保険会社は独自の低い計算で休業損害分を提示してくるため、ある専門弁護士が請け負った事例では、収入を得ていない主婦であっても、女性の平均的は日額基礎収入で交通事故慰謝料を増額させた判例があります。このように、営利目的の保険会社の言うままでは、適正な交通事故慰謝料は支払われないケースが多いのです。

交通事故慰謝料の金額が安過ぎる事例

交通事故に遭って怪我を負ったときに示談交渉で決めた交通事故慰謝料を含めた損害賠償金の金額が、怪我の度合いと比較して安過ぎる金額だったという事例が相次いでいます。

これは、怪我を負った被害者に全く過失がなかった場合、自分が加入している自動車保険会社の示談代行サービスを利用することができず、頼れる先が分からないまま本人が交渉の場に立ち加害者が加入する自動車保険会社のスタッフに言われるままに示談合意を取り付けられてしまったときに起こります。自動車保険会社の示談代行サービスを利用できない場合は、交通事故の示談交渉の実績が豊富な法律事務所に相談するのが良い方法の1つとなります。

交通事故慰謝料の事例について

交通事故に遭ってしまった場合、相手側との示談になります。示談は保険会社が行ってくれますが、その際に難しいのが交通事故慰謝料です。例えばこちらが怪我をさせられたりすれば、慰謝料を請求できます。相手との示談が上手くいかずにこれがいかに額を上げるかということになってくると、弁護士に依頼するケースが出てきます。

交通事故で怪我となると日常生活における影響は大きいので、それだけ高額な慰謝料を請求することになるでしょう。まずは法律事務所に相談し、弁護士とよく相談することです。事例についてもたくさんありますので、弁護士が示してくれます。

交通事故慰謝料の事例を知ろう

交通事故に遭ってしまったとき、愛車を傷めたり、けがをしたりという物理的なダメージのほかに、精神的にも落ち込んだり動揺したりと平常心ではいられないということも多いものです。車の修理やけがの治療など対処しなければいけない問題があるうえに費用のことなども考えなければいけませんが、あとで困ったり、悔んだりしないためにもあせらず、冷静に判断できるよう心がけましょう。

交通事故慰謝料は、治療費や修理代のほか後遺症、休業損害などをトータルして算定されたものと考えられますが、その賠償額は自賠責保険基準と任意保険基準で比べると差が出ることが多いですし、弁護士に依頼した場合には数倍の差になった事例もあります。