司法書士でも交通事故相談に乗ってくれる!

司法書士、と言えば不動産の登記手続きなどに関する業務を行うというイメージが強いですが、交通事故の相談にも乗ってくれるのをご存知でしょうか?実は中には法務大臣が設定した一定の研修をクリアして認定を受けている方も存在し、交通事故相談にも乗ってくれるのです。

裁判、となってくると複雑な手続きや書類作成があってなかなか一般人の私たちだけでは進めることができませんよね。でも弁護士を雇うほどのお金ははない…。そんな時に司法書士に頼めば、報酬が比較的安価で済むので利用する方も多いそうです。しかし、弁護士と違って、大きな裁判は出来ないなど法律所の制限があるので十分に注意しましょう。

関連:

後遺障害による交通事故相談は多い

交通事故相談で多いのは、後遺障害が残ってしまったことによる対応です。後遺障害というのは、事故が起きた時に残ってしまった障害のことで、生活に影響を与えてしまいます。何とかこうした問題を解決したいと思っている場合、交通事故相談を利用するケースが多いです。

どのような症状が残っているか説明して、治療を受けられる方法だったり、慰謝料についての話し合いをスムーズに進められるようにします。相談の場合は、弁護士を通じて行うケースが多いので、弁護士事務所を探すようにして、対応してくれる人を見つけなければなりません。

交通事故相談には後遺障害の問題も

意外と多くの後遺障害が残ると言われているのが交通事故です。特に起こりやすいのが、普段の生活でも突然体調を崩すなどの問題で、なるべく解消しておきたいところです。しかし解消されなかったり、治療費が出てこない場合もあり、何とか解決したいと思っている方もいます。そこで交通事故相談を行って、弁護士の方に話をしておきます。

後遺障害は後から気づくことが多いので、最初のうちはそう感じていないのに、後からすごく症状を感じる場合があります。これらの問題を気づいた時には、早めに相談を行って、お金のトラブルが起きないようにします。

交通事故の相談は弁護士がいい

弁護士の依頼内容の中には、刑事事件に発展した交通事故の案件もあります。その他、交通事故に関する依頼も少なくないです。なぜかというと、被害者側となったとき、加害者側の保険会社では、精神面までの慰謝料を考慮してくれないので、死亡事故や重傷を負ってしまった事故では依頼をするしかないからです。

また、保険会社では身体に負った怪我や物損については保証ができますが、それら全てを含めて損害賠償となります。しかし、弁護士は依頼者側の弁護を担当するので、精神に受けたダメージも考慮します。そのため、保険会社の損害賠償よりも多くなる傾向があります。

交通事故を弁護士に相談

交通事故を弁護士に相談するケースは、年々増加傾向であることが言われています。第一に事故の相談を法律家に相談することが広く知られるようになったからでしょう。また、その相談によって慰謝料や後遺症認定などが、引き上げられるケースがあることが知られるようになったからでしょう。

このことについては、保険会社が提供する自動車保険の中に弁護士特約がつけられるようになり、一般的にも認知されたと言われています。代理してもらうことで、様々なことが変わってきます。法律事務所を探す場合には、交通事故での実績をあげているところにしましょう。