相場による判断も意識したいむちうち慰謝料

むちうち慰謝料は交通事故の発生において、特に意識しておきたいものでもあります。外傷として判断のつきにくいむちうちの症状は、交通事故の被害に遭ってしまった際に治療されるべき怪我としても含まれており、加害者へ対しての慰謝料請求の中にも、項目として含むことのできるものです。

相場など、正しい知識や情報を取り入れる事は、被害者の立場としての損を防ぐための手立てとしても大切したい要素です。加害者と思うように話し合いを進められない場合、弁護士への相談などを上手に活用しましょう。第三者の力を借りて対処することも必要です。

交通事故を起こしてしまったとき、むちうち慰謝料の相場

もし自分が交通事故を起こしてしまったらと、考えるとすごく怖いですよね。特に、相手にけがを負わせてしまったら高額の慰謝料を払わなければなりません。むちうちは、交通事故でよく起こるけがの一つで、追突したときの衝撃により首に負担がかかり、首に痛みを感じたり、回らなくなったりといった症状がでます。

むちうち慰謝料の相場は、自賠責基準だと、治療期間か、実通院日数×2のどちらか少ない方に4200円をかけた金額となります。任意保険基準や裁判所基準の場合だと、けがの程度にもよりますが自賠責基準より3倍ほど高くなります。また、後遺障害が残ってしまった場合は、後遺障害慰謝料が発生します。

弁護士に相談をしてむちうち慰謝料の相場を引き上げましょう

むちうち慰謝料は、3つの基準で計算をしています。最も安いのが自賠責基準で、その次に安いのが任意保険基準で、最も高額な基準で計算されているのが弁護士基準となっています。事故を起こすとまずは、保険会社が先方と交渉をしてくれるので、保険会社が慰謝料の金額を提示してきます。

しかしながら満足できる程の金額が提示されることがほとんどありません。そんな時に利用したいのが弁護士です。弁護士基準は過去の判例などを元に、むちうち慰謝料を計算していくので、保険会社よりも相場が高く引き上げることが出来ます。金額に納得が行かない場合は、弁護士に相談しましょう。

むちうち慰謝料における相場の概念

むちうち慰謝料に関する相場は、発生した交通事故の状況や、怪我としての程度によっても異なります。様々なケースが見受けられる交通事故の発生においては、加害者への請求が行える慰謝料として、怪我の治療や入院に掛かった費用、仕事を休業した場合の補償などが盛り込まれており、後遺障害を負ってしまった場合など、後から付け加えられるものも存在しています。

被害者の方が損することなく対処するためには、弁護士や関連機関への相談が行われることもあり、状況に応じた対応が行われることによって、さらに速やかな解決を目指すことが可能となります。

むちうち慰謝料の相場には違いがあります

交通事故のむちうち慰謝料には、任意保険基準という目安があります。但し注意しなければならないのは、むち打ち症は後になって後遺症が出てくることです。任意保険基準の相場は、通院か入院かで基準が違ってきます。通院1か月で19万円、入院1か月で35万円という低い金額です。

この金額では、後遺症を発症した段階での治療費にもなりません。弁護士に依頼すると精神的苦痛及び入通院慰謝料として相手方との交渉をしてもらえます。むちうち症の治療後も改善しない場合に得安になる金額も入院であれば290万円、通院であれば110万円という目安もありますので、ぜひ弁護士に依頼することが必要です。

関連

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故相談 むちうち慰謝料相場 むちうち慰謝料 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について