被害者は交通事故弁護士に早めの状況相談を

自動車保険のほとんどに示談代行サービスがあるので、加害者サイドからは保険会社の担当者が示談交渉にあたるのが一般的です。一方、自分に過失のない被害者は自分の保険の示談代行を利用できないため、そのままですと自分で交渉しなくてはなりません。
保険会社は賠償額を抑えるために安い示談金を提示しますが、すぐに応じてしまっては損をしてしまいます。そこで、被害者は交通事故弁護士に相談をしてサポートしてもらうのが一番です。
交通事故弁護士に相談するタイミングは、示談交渉がこじれてしまってからではなく、交通事故に遭ったらできるだけ早いうちから状況を報告しておくといろいろなアドバイスがもらえて安心です。