交通事故の加害者が相談する慰謝料

By | 2016年5月11日

時には、交通事故において支払いを命じられた慰謝料があまりにも高額すぎるという事で不満を抱く加害者もいます。

その際に交通事故の加害者が弁護士を探して慰謝料の交渉を進める事もあるようです。しかし、交通事故においては加害者側の相談に応じてくれる弁護士を探さないといけません。

加害者の対応をしてくれる弁護士はそれほど多くはないかもしれません。加害者が車を運転する際に発生した交通事故であれば、加入が必須である自賠責保険があります。しかし、自転車などで保険に入っていないなら、加害者が慰謝料の支払いを行う事になります。

慰謝料を支払うのは時として大変でしょう。交通事故の加害者となり、慰謝料を支払わなくなった時の事まで考えて、対策を講じておきたいですね。