交通事故弁護士に相談で慰謝料大幅アップ

By | 2016年7月29日

交通事故慰謝料には、不公平感をなくすという目的で計算の基準が設定されています。しかし、その基準は自賠責基準・任意保険基準・弁護士会の基準と3つあり、どの基準を使うかによってもらえる金額が変わってしまうので複雑です。

示談交渉にあたる加害者側の保険会社は賠償金額を少なくしたい立場ですから、安く計算される基準で慰謝料を計算して提示することがあります。ここで被害者が損をしないためには、交通事故弁護士のサポートが不可欠です。

交通事故弁護士は、加害者の保険会社で提示する安い賠償金を正当な基準で再計算して交渉、被害者が損をしないように尽力してくれるはずです。交通事故弁護士に味方になってもらうことで、もらえる金額が大幅に上がるケースも少なくありません。